ほったらかし電気圧力鍋で簡単!キレイなゆで卵の作り方【レシピ】

私が毎日使用しているお気に入り調理家電の「ほったらかし電気圧力鍋

愛用歴5年以上の私が「炊飯」の次に作っているのが、加圧時間わずか1分でできちゃう「ゆで卵」です。

超簡単なのにツルッときれいに剥けて感動するので、電気圧力鍋を持ってるのに作ったことない人にはぜひ試してほしい一品です!

この記事では、ポシュレの「ほったらかし電気圧力鍋」で作る「ゆで卵」の作り方や感想をご紹介します。

目次

ほったらかし電気圧力鍋で作るゆで卵レシピ

ただでさえ簡単な「ゆで卵」なので、レシピと言えるかわからないくらい簡単です。

用意するもの

  • 卵 1〜7個
  • 水 200ml

作り方

電気圧力鍋の内釜に入った殻付きの卵

❶内釜に卵と水を入れる。
(卵が1cm程度つかっているのが目安です。)

❷加圧時間を1分にセットし、スイッチを入れる。

❸保温に変わり、圧力弁が下がったら冷水にとって冷ます。

電気圧力鍋でゆで卵を作ってみた。

レシピ通りに水と卵を入れて1分にセットしスタート!

圧力弁が下がったところで冷水に取り、むいてみるとツルッと気持ちいいくらいキレイに殻をむくことができました。

うまくいかない時は茹で卵をボロボロにしてしまうこともある私にとっては感動のむき心地!(笑)

右の写真は切った断面ですが、キレイな固茹で卵でした。

器に入ったゆでたまご
器に入ったゆで卵(半分に切って黄身が見えている)

ポシュレの電気圧力鍋で「ゆで卵」を作るデメリット

簡単だし、きれいに剥けるしメリットだらけに思えるけど、一つだけデメリットがあります。

それは、加圧時間が1分以上からしか設定できないため、半熟卵が作れないことです。

でも、「ツルンとむける固ゆで卵を作るならこのレシピに勝るものはないのでは?」と思います。

むき心地がほんとに最高♪

まとめ:ポシュレの「電気圧力鍋」を使うと簡単にきれいなゆで卵を作ることができる。

茹で卵自体、茹でるだけなので元々とっても簡単なのですが、茹で時間を測ったりコンロを占領されたりと手間な部分もありますよね。

でも、ほったらかし電気圧力鍋を使えば水と卵を入れてスイッチを押すだけ。欲しいと思った時にすぐできて、さらに手軽になっちゃいました♪

そんなこともあり、今では炊飯の次に作る機会が多い「ゆで卵」。

電気圧力鍋をお持ちの方は、ぜひお試しください。

\毎日の料理を楽しておいしくしたいあなたに。/

おしゃれ家電・雑貨 citynet2
¥9,980 (2024/05/26 19:05時点 | 楽天市場調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次